スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • アーティストNO.21-
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • ユキモントライアウト
    • レインボードロップス
    • かがやきミニライブ
    • かがやきステーション
    • かがやき作品展とは
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 北九州市身体障害者福祉協会 > 機関誌「しんしょうだより」 > 

初めての経験。そして、楽しい失敗

機関誌「しんしょうだより」

ここから本文です。

初めての経験。そして楽しい失敗。

車イスと人生

     吉田秀樹公認会計士事務所所長 吉田 秀樹(よしだ ひでき)

 

 中間(なかま)はどこにあるのですか?名刺を渡すとよく聞かれる。

 九州の北部にあって山あり谷ありで遠賀川(おんががわ)流域にある小さな田舎町ですと答えている。

 自宅から勤務先まで500m、田舎道を車イスで通勤して約25年、鳥や虫の声、道端に咲く、花や草に季節を感じながらの毎日である。周りに気を取られると、思わぬ災難に合う。道端の側溝ふたのすきまに前輪が落ち込み、どうにも動けなくなる。

 25年の年月を経ると、車イスの横を足早に通り抜けた方が、今は電動車イスで通り抜ける。子どもと手を繋いで歩いていた方が、孫の手を繋いで歩いていく。

 仕事柄、車イスでの遠方出張が多く、私の唯一の誇りは47都道府県すべて訪問したことである。当初は、車イスでの出張はなかなか不便であった。地方空港はブリッジがなく、タラップを空港職員が車イスをかかえて乗り降りした。JRの駅もエレベーターがなく、階段を駅職員が汗をかいてくれた。最近は、どこも整備され、みなさんに手をかりることは少なくなった。

 しかし、駅からタクシーを利用する際、車イス利用を理由に乗車を拒否されることは、あまり今も昔も変わっていない。残念!!

 車イスを利用することで素晴らしい経験もした。東京駅(とうきょうえき)の伝説の地下道を通行することができた。天皇陛下がご臨席の会議では「ご苦労様です。」とお声をかけていただいた。

 これからの人生、残り少なくなってきた感があるが、車イスと一緒に、苦楽を味わいながら、出張を楽しむ思いである。

 締めくくりとして、子どもを運んだ車イスのステップに、今しばらくすると孫が乗りそうである。楽しみである。

吉田さんの写真

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する