スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • アーティストNO.31-
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • ユキモントライアウト
    • レインボードロップス
    • かがやきミニライブ
    • かがやきステーション
    • かがやき作品展とは
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 北九州市身体障害者福祉協会 > 機関誌「しんしょうだより」 > 

福祉用具・機器の紹介コーナー~視覚障害者歩道誘導マット『歩導くん』~

機関誌「しんしょうだより」

ここから本文です。

福祉用具・機器の紹介コーナー①~視覚障害者歩道誘導マット『歩道(ほどう)くん』~

 

 「レイアウト変更したいが、すでに視覚障害者誘導用ブロックが設置してあるので、変更が難しい…」、「既存の誘導用ブロックはあるが、ここにもあればスムーズに目的地に行くことができるのに…。」といった時に便利なのが、視覚障害者歩行誘導ソフトマット『歩導(ほどう)くん』です。

 『歩導くん』は、誘導用ブロックのように凹凸はなく、その代わりに白杖でたたいた時のマットと床との音の違いや、足裏から伝わる感触で誘導していくものです。実際に体験してみると、マットの上にいる時とそうでない時とでは足裏からの感触が違っていました。

また、マットの左右が緩やかな傾斜になっているのに加え、床との段差も1mm程度で、車いすやベビーカーの乗り上げもスムーズに行うことができます。実際に車いすがマットの上を走行する時、凹凸からの振動もなくスムーズに通過していました。

 設置も簡単で、床に両面テープで貼るだけ。また何種類かのマットをパズルのように必要な長さに応じて繋げていくので、レイアウトが変更された時、一時的に誘導経路を変更したい時などには最適です。ただし、階段や傾斜路部分については、注意喚起のための点状ブロックが必要です。

 実際に役所や病院、銀行や空港などの施設で設置しているそうです。当協会も実行委員となって開催している『見えない・見えにくい人のための福祉機器展in北九州(きたきゅうしゅう)』開催時には、会場となっているフロアのエレベーター前から受付まで使用しました。

 いろんな方が利用する施設でのレイアウト変更時などに検討をしてみませんか?

『歩道くん』についてのお問い合わせについては錦城護謨株式会社(きんじょうごむかぶしきがいしゃ)まで。

 

お問合わせ先

錦城護謨株式会社

TEL:072-992-2328

FAX:072-922-4175

補導くんの写真
受付前の写真

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する