スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • 2019カレンダー販売!
    • アーティストNO.31-
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • レインボードロップス
    • かがやきミニライブ
    • かがやきステーション
    • かがやき作品展
    • カフェでアートタイム
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 北九州市身体障害者福祉協会 > 機関誌「しんしょうだより」 > 

今を駆ける~障害福祉の世界に生きる人たち~

機関誌「しんしょうだより」

ここから本文です。

今を駆ける~障害福祉の世界に生きる人たち~

 

切り絵作家 小菅  績憲(こすげ のりかず)

 

 縁とは不思議なもので、最初に舞い込んできた切り絵教室の依頼は障害者福祉会館での講座でした。一言で障害といってもさまざまで、接し方やコミュニケーションのとり方、その他ノウハウなど、当時の私には全くわかりませんでした。当然手話など出来るわけもなく、仕事を探している時に降って湧いた話。どんな仕事でも良かったことを白状します。

 それでもかつて海外で生活して言葉の壁を経験し、コミュニケーションの難しさは人並みにわかっていたつもりです。結局立場は変わっても「人間対人間」であることは同じで、どれだけ相手の懐に飛び込めるかだと思います。

 何も先入観がなかったのが幸いしたのか、福祉会館での切り絵教室は受講生の皆さんや職員の方々の協力もあって、今年で10年目を迎えました。

 話は前後しますが、6年前にロサンゼルスで初の海外個展を開催した折、体験を含めたワークショップも行いました。それも通訳などを通さずに出来たのも、福祉会館での教室を通してコミュニケーションを学んだ自信があったからです。かつて言葉の壁で悩んだその地での個展は、その意味も含めて里帰り展となりました。

 切り絵という表現はさまざまな壁を乗り越えるコミュニケーションであることが、教室を通しての大きな発見でした。

 切り絵教室では「教える」ことよりも「共に学ぶ」ことを念頭に置きながらいつも楽しく皆でやっています。

私にとってこの教室は、私個人の作品をつくることと同様に、いつも新しい発見があり、常に初心に帰りかつての自分を振り返らせてくれる大切な現場です。

 

小菅 績憲(こすげ・のりかず)

切り絵工房「かみきりむし」主宰

1968年東京都(とうきょうと)墨田区(すみだく)生まれ

1993年 アメリカ カリフォルニア州 CHAFFEY COLLEGE 写真学科卒業

2000年 全国切り絵コンクール審査員特別賞受賞。ほか公募展での入賞・入選多数

2001年千葉県(ちばけん)市川市(いちかわし)で個展開催

2002年 北九州市に移住。現在に至る。

カルチャーセンターや市民センターなどで「切り絵教室」講師を務める。

小菅さんの作品の写真
小菅さんの写真

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する