スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • アーティストNO.21-
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきミニライブ
    • かがやきアートギャラリー
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやき作品展とは
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 北九州市身体障害者福祉協会 > 機関誌「しんしょうだより」 > 第46号 > 

見えない・見えにくい人のための福祉機器展in北九州2017を無事に開催!!

機関誌「しんしょうだより」

ここから本文です。

見えない・見えにくい人のための福祉機器展in北九州2017を無事に開催!!

 

 7月2日(日)に八幡西区黒崎のコムシティ5階にある『北九州市立西部障害者福祉会館で、見えない・見えにくい人のための福祉機器展in北九州2017が開催されました。

1人ひとりの『できること』を広げるために2013年から始まったこの福祉機器展は、視覚障害当事者団体・関係機関・団体の計15団体からなる実行委員会によって、今年も企画されました。

福祉機器展は『機器展示』、『日常生活に関するもの』、『セミナー・体験』の3つのテーマで構成されていました。

『セミナー・体験』では、“触って楽しむ触芸道の世界”と題し、2D(平面)、2.5D(半立体)、3D(立体)になったそれぞれの芸術作品をたくさんの参加者が、実際に触って楽しまれていました。

機器展当日は、約400名の来場があり、無事に終了することができました。

会場に足を運んでくださった皆さん、開催にあたってご支援いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する