スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者社会参加推進センター
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • アーティストNO.21-
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやきミニライブ
    • レインボードロップス
    • かがやき作品展とは
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート展
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 障害者福祉会館 > 会館だより > No.49 > 

会館利用団体のご紹介

会館だより

ここから本文です。

手話ダンスあじさいの会 ~手でお話をする~

長谷尾和代

 

 子供を育てあげ、孫にも手がかからなくなってひと段落した今、私たちにもまだ何か出来ることがないだろうかと友達と話をしていたら「ボランティアをしよう」という事になり、施設等を訪問させていただいて元気をもらおうと言う話でまとまりました。

 さて、何をしようかと言う事になった時、手話ダンスの先生に巡り会いました。

 先生は福岡で手話通訳等をされており、施設にも10年以上毎月指導されている方です。

 北九州の私達へのご指導をお願いし、「手話ダンスあじさいの会」が平成21年4月に発足しました。

 手話ダンスはその名のとおリ、手話と踊りを合わせたもの。

 歌詞のひとつひとつを 手話で表現しながら前後左右へと簡単なステップをつけて踊る魔法のダンスです。

 老若男女年齢を問わずウェルとばた6階で毎月第1・第3木曜日にボランティア活動として手話ダンスを練習しています。

色々な介護老人施設等を慰問して(クリスマス会、お誕生日会等々)たくさんの人たちと新しい人間関係もつくれて様々な場面でコミュニケーションを深めるのにも役立っていますし、自分の脳の活性化、健康づくりのためにもなっています。

東部障害者福祉会館の文化祭「ふれあい広場」にも出演させていただいています。

会員は多種多様いろいろな趣味・資格を持っていてボランティアで活用しています!

手話ダンスで施設訪問等のボランティアに興味のある方は一度練習を見に来てみませんか。待っていまーす。

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからページナビゲーションです。

障害者福祉会館

ここまでページナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。