スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • アーティストNO.21-
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきミニライブ
    • かがやきアートギャラリー
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやき作品展とは
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

障害者社会参加推進センター

ここから本文です。

地域普及啓発事業

ストーマケア研修会

目的:障害があっても、高齢になっても、住み慣れた地域で様々なサービスを利用しながら生活を送っ 

   ている方はたくさんいます。そのような人たちを地域で支えている人たちもたくさんいます。「こん

   な時どうしたらいいのだろう」、「この方法はどうなのかな」と技術について疑問に思う場面に直面

   することもあると思います。

    そこで、より多くの在宅・施設の福祉サービス事業所の介護従事者を対象に、オストメイト(人工

   肛門・人工膀胱造設者)のことについて啓発すると同時に、ケアの方法・対処法などの学習をとお

   して、スキルアップを目指すことで、オストメイト・その家族が安心して利用できる環境をつくること

   を目的に研修会を開催します。

 

日時:①平成29年8月20日(日)・8月27日(日)・9月10日(日)10:00~12:00

   ②平成29年10月19日(木)・10月26日(木)・11月2日(木)18:30~20:30

 

会場:北九州市立東部障害者福祉会館 研修室6AB   

 

内容:ストーマ・スキンケア・装具について、装具の装着の方法 など

 

講師:梶西 ミチコ 氏 

    糸島医師会病院 看護部長兼ETナース

 

資料代:300円    

 

対象者:北九州市内在住・在勤の福祉サービス等の介護従事者、地域の支援者

 

申込方法:①・②ともにFAX・来館にて受付

 

定員:①30名 ②30名  ※①・②ともに先着順

                                   研修会申込用紙

   ※申し込みを終了しました。

 

視覚障害者の支援者向け研修会

目的:医療・福祉の発展に伴い、地域で生活している高齢の視覚に障害のある人たちは少なくありま

   せん。自分が住み慣れた地域で生活し続けるためには、様々なサービスを上手に利用していく必

   要があります。

    そこで、より多くの在宅・施設の福祉サービス事業所の介護従事者を対象に視覚に障害のある 

   人について啓発すると同時に、視覚障害の障害特性や誘導・情報提供のしかたなどの学習をと

   おして、スキルアップを目指すことで、視覚に障害のある人・その家族が安心して利用できる環境

   をつくることを目的に研修会を開催します。

 

日時:平成29年11月12日(日)  10:00 ~ 15:00

 

会場:北九州市立東部障害者福祉会館 研修室6AB

 

内容:視覚障害とは、誘導方法・情報提供について、実技 など

 

講師:武田 貴子 氏

    福祉用具プラザ北九州 視覚障害生活訓練等指導員

 

資料・お弁当代:600円

 

対象:北九州市内在住・在勤の福祉サービス事業所等の介護従事者

 

申込方法:FAX・来館にて受付

 

定員:30人(先着順)

                                    研修会申込用紙

 

喉頭摘出者の支援者向け研修会

目的:住み慣れた地域で、今までと変わりなく様々なサービスを利用しながら生活を送っている方、そ

   れを支援している方はたくさんいます。支援している方にとっては、疑問に思ったことを誰に、どこ

   に相談したらいいのかという場面に直面することもあると思います。

    そこで、より多くの在宅・施設の福祉サービス事業所の介護従事者を対象に、喉頭摘出者のこ

   とについて啓発すると同時に、発声の仕方、日常生活での注意点、緊急の場面での対応法など

   の学習をとおして、スキルアップを目指すことで、喉頭摘出者・その家族が安心して利用できる環

   境をつくることを目的に研修会を開催します。

 

日時:平成29年9月21日(木) 14:00 ~ 16:00

 

会場:北九州市立東部障害者福祉会館 研修室6AB

 

内容:喉頭摘出者について、日常生活上での注意点・緊急時の対応方法について、発声の仕方 など

 

講師:織田 健 氏 

    北九州創声会 名誉会長

 

資料代:100円

 

対象者:北九州市内在住・在勤の、福祉サービスの介護従事者・支援者

 

申込方法:FAX・来館にて受付 定員:30名(先着順)

 

定員:30名(先着順)

 

     ※29年度の研修は終了しました。

 

 

北九州市障害者社会参加推進センター

 〒804-0067 北九州市戸畑区汐井町1-6 ウェルとばた6階 東部障害者福祉会館内

  TEL(093)883-5554 FAX(093)883-5551

  E-Mail:toubu@wel-tobata.jp

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する