スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • 2019カレンダー販売!
    • アーティストNO.31-
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • レインボードロップス
    • かがやきミニライブ
    • かがやきステーション
    • かがやき作品展
    • カフェでアートタイム
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

障害者社会参加推進センター

ここから本文です。

地域普及啓発事業

ストーマケア研修会(基礎編)

目 的:オストメイトの人たちが住み慣れた家や地域で長く生活し続けるためには、福祉サービスを上  

    手に利用していく必要があります。しかし、福祉サービスを提供する側にストーマについての理

    解が少なく、サービス利用を受け入れることが困難で、家族だけで対応しなければならなくなる

    と、将来的には家族の負担、本人の不安が大きくなり、地域でよりよい生活を送ることが難しく

    なってくると考えられます。

     そこで、より多くの在宅・施設福祉サービス事業を行なっている事業所の介護従事者にオスト

    メイトのことについて啓発すると同時に、ケアの方法・対処法などを理解していただき、スキル

    アップを目指すことで、本人・家族が安心して利用できる環境をつくることを目的として研修会を

    企画しました。

 

日 時:平成30年11月1日(木)・8日(木)・22日(木) 13:30~16:00

 

会 場:北九州市立東部障害者福祉会館 研修室6AB(ただし22日のみ研修室6C)

 

内 容:ストーマについて、装具について、スキンケアについて など

 

講 師:梶西 ミチコ氏(社会医療法人財団白十字会 白十字病院  ETナース)

 

資料代:300円  ※参加費は無料

 

対象者:北九州市内在住・在勤の福祉サービスの介護従事者・支援者

 

申込方法:FAX・来館にて受付

 

定 員:先着15名

                                      平成30年度研修会申込書

 

ストーマケア研修会(スキルアップ編)

目 的:平成28・29・30年度と、継続して介護従事者向けのストーマ研修会を企画、開催し、多くの介  

    護保険サービス事業所の介護職員・看護職員の皆様に、ストーマについて学んでいただきまし

    た。

     今回企画した『ストーマケア研修会(スキルアップ編)』は、『基礎編』を受講していただいた方

    が、実際、現場でオストメイトの方たちを支援していく上で困ったことなど、事前に聞き取った内

    容について、講師にアドバイスしていただくことを目的としています。

 

日 時:①11月29日(木) 13:30~16:00   都合により中止しました。

    ②12月 6日(木) 13:30~16:00   都合により中止しました。

        ※①と②の研修の内容については同じ内容となります。

 

内 容:現場で役に立つストーマケアについて など

 

講 師:梶西 ミチコ氏(社会医療法人財団白十字会 白十字病院 ETナース)

 

資料代:300円  ※参加費は無料

 

対象者:28年度~30年度に開催したストーマケア研修会の受講生

 

申込方法:電話・FAX・来館にて受付

 

定 員:各15名(先着順)

                                    平成30年度研修会申込書

 

視覚障害者の支援者研修会

目 的:近年、医療・福祉の発展に伴い、地域で生活している高齢の視覚障害の人たちが増えてきて    

     います。

      その方達が様々な福祉サービスを、自分で選択して利用しながら、住み慣れた地域で、安心 

     して暮らしていけるようにするため、今回視覚障害者の支援者研修会を企画しました。

      この研修会では、主に介護保険サービス事業所の介護従事者を対象に、啓発を行なうと同

     時に、手引きの方法、情報提供のコツなどを理解していただき、視覚障害の人への支援技術 

     の上を目指すことで、視覚に障害のある人が安心して福祉サービスを利用できる環境をつく

     ることを目的としています。

 

日 時:平成30年12月10日(月) 10:00~15:00

 

会 場:北九州市立東部障害者福祉会館 研修室6AB

 

内 容:視覚障害とは、現場での誘導方法・情報提供について、演習 など

 

講 師:三浦 久美氏(福祉用具プラザ北九州 視覚障害生活訓練等指導員)

 

資料・お弁当代:800円

 

対 象:北九州市在住・在勤の福祉サービス事業所の介護従事者 

 

申込方法:FAX・来館にて

 

定 員:20名(先着)

                                    平成30年度研修会申込書

 

失語症のある人へのコミュニケーション支援セミナー

目 的:高齢になっても、障害があっても、自分が生活している家や地域で長く生活し続けるために

    は、福祉サービスを上手に利用していくことも時には必要となります。しかし、失語症に関しての

    周囲の理解がまだ低く、福祉サービスを利用することになっても、コミュニケーションのズレか 

    ら、本人が満足のいくサービスが受けられないなどで、家族の負担、本人の不安が大きくなり、

    地域でよりよい生活を送ることが難しくなってくることも考えられます。

     そこで、より多くの在宅・施設の介護保険サービス事業所の介護従事者に失語症について

    啓発すると同時に、コミュニケーションのとり方、災害時・救急時の対応などを理解していただ

    き、スキルアップを目指すことで、本人・家族が安心して福祉サービスを利用できる環境をつくる

    ことを目的として本セミナーを開催します。

 

日 時:平成31年1月20日(日) 10:00~13:00

 

会 場:北九州市立東部障害者福祉会館 研修室6B

 

内 容:失語症とは、コミュニケーションの方法・ポイント など

 

講 師:失語症会話パートナー養成「あんど」代表 

    言語聴覚士  高橋 雅子氏(牟田病院/福岡市) 

 

補助講師:失語症会話パートナー養成「あんど」

      言語聴覚士  徳本 郁恵氏(北九州市保健福祉局地域リハビリテーション推進課)

      言語聴覚士  志賀 美代子氏(デイサービス ファイン)

 

資料代:300円  ※参加費は無料

 

対象者:北九州市在住・在勤の主に介護保険サービス事業所の介護従事者

 

申込方法:電話・FAX・来館にて

 

定 員:20名(先着)

                                   平成30年度研修会申込書

 

北九州市障害者社会参加推進センター

 〒804-0067 北九州市戸畑区汐井町1-6 ウェルとばた6階 東部障害者福祉会館内

  TEL(093)883-5554 FAX(093)883-5551

  E-Mail:toubu@wel-tobata.jp

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する