スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • アーティストNO.21-
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきミニライブ
    • かがやきアートギャラリー
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやき作品展とは
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

点字図書館だより

ここから本文です。

4 よろず掲示板

◆ 『UDCast(ユーディーキャスト)』で映画鑑賞

  『UDCast』とは、上映される映画などの音声をスマートフォンやタブレット端末に

 聞かせると、音声ガイド再生、字幕表示等を行うことのできるアプリケーションです。

  視覚や聴覚に障害があっても、言語の異なる外国人でも、誰もが同じ空間で一緒に映

 画を楽しむことができる…そんな時代になったんですね。

  『UDCast』方式に対応した視覚障害者用音声ガイドが付いている作品であれば、上

 映中、いつでも「映画館で」映画を楽しむことができます。事前に『UDCast』のアプ

 リと映画の音声ガイドのダウンロードが必要ですが、使い方も思いの外簡単なようです。

  実は職員の福島が、一足先に体験してきたそうです。感想を聞いてみました。

 

  福島です。公開中の映画を、地元の映画館で、音声解説付で鑑賞できるという、夢の

 ようなアプリ『UDCast』を、先日体験してきました。

  普段目覚まし時計にしか使用していない「iPod touch‎」に『UDCast』のアプリをダ

 ウンロードし、書かれている説明や注意事項を何度も読み、ほんとに使えるのかしら?

 と不安を抱きながら出発です。

  今回私は、小倉北区のリバーウォークの中にある映画館に行きました。一人で映画館

 に行くのはもちろん初めての事です。頼もしいパートナーといっしょにチャレンジです。

  リバーウォークの地図は、ほとんど頭の中にイメージ出来ていないままなので、すご

 く緊張しましたが、沢山の方々の援助を受け、無事に目的地に到着できました。

  受付でチケットを購入し、スタッフの方に誘導していただき、映画館の椅子に着席し

 ました。鑑賞に必要な「iPod touch‎」と付属のイヤホンを準備し、予め自宅でダウンロ

 ードしていた映画の音声ガイドをアプリで立ち上げました。イヤホンを耳に入れると、

 ピアノの曲が流れて「本編が開始されると音声ガイドが流れますのでそのままお待ちく

 ださい」というようなアナウンスがしばらく続きます。一瞬無音になった後、タイトル

 の読み上げから映画の音と同期され、音声ガイド(画面解説)がスタートしました。

  音もクリアで聞きやすくて、驚きと感動でウルウルしてしまいました!!

  この、アプリは、いつでも好きな時に映画を楽しむことができればという、沢山の方々

 の思いから開発されたものだと思います。

  まだ、公開されるすべての映画に対応しているわけでは無いのですが、恐らくかなり

 のスピードで増えて行くことでしょう。

  楽しみが一つ増え、わくわくしています。

 

  『UDCast』のホームページ(http://udcast.net/)に、「いっしょに泣こう、いっし

 ょに笑おう。」というコピーがあります。

  福島の言うように、そこには多くの人の思いがあるのだと思います。対応する映画館

 や作品がもっともっと増えて、感動の輪が広がっていくようにと願います。

 

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する