スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • アーティストNO.31-
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • カレンダーアート募集
    • レインボードロップス
    • かがやきミニライブ
    • かがやきステーション
    • かがやき作品展
    • カフェでアートタイム
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

機関誌「しんしょうだより」

ここから本文です。

ユニバーサルツアー講演会

 平成29年1月22日(日)に“ユニバーサルツアーの講演会”を開催しました。

 当協会の会員団体では、団体会員の“交流”や“外出”を目的としたバスハイクを年に2回ほど行っています。しかし、企画する側も当事者で素人。特別にお金をもらって企画しているわけではありません。「楽しんでもらいたいのに、どうしたらいいか分からない」、「企画がパターン化している」といった話をよく聞きました。それなら、プロに企画のノウハウを伝授してもらおうと、今回の講演会を企画、開催しました。

 講師としてお招きしたのは、NPO法人ウィズアスの代表理事 鞍本長利(くらもと ながとし)氏、神戸ユニバーサルツーリズムセンターの総合旅行業務取扱管理者 三木伸一(みき しんいち)氏の2名。

 鞍本氏はご自分の経験から、神戸ユニバーサルツーリズムセンターを立ち上げられ、全国にユニバーサルツーリズムを広めていらっしゃいます。旅行とは、障害のある人も一緒に行く家族もみんなが楽しむもの。一緒に楽しかった思い出や、一緒に経験したトラブルなどの思い出を持って帰るもの。誰か一人が大変な思い出ばかりを持って帰らないもの。そのためにユニバーサルツーリズムを役立ててほしい。という話をしていただきました。

 また、三木氏には実際にバスツアーのプランを企画する際に、どこにポイントを置くか、対象者をどうするのか、価格設定の仕方、たくさんの参加者に申込んでいただくためのコツ、情報収集の仕方などについて話していただきました。

 参加者も企画者も、誰もがみんな楽しかった思い出、失敗した笑い話を持って帰ることが出来るような旅・バスハイクを、今後も企画していく上で、参考にしていただければ嬉しいです。

 情報を集め、それを必要とする人に提供する。いつでも、どこでも、参加者全員が楽しめる旅行になるために。そんなお手伝いを当協会もできたらいいなと思います。

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する