スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者社会参加推進センター
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • アーティストNO.21-
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやきミニライブ
    • レインボードロップス
    • かがやき作品展とは
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート展
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

点字図書館だより

ここから本文です。

卓球バレー

                               館 長  安藤 薫

 

  今年の夏は、オリンピックでたくさんの感動をいただきました。

  卓球選手愛ちゃんの涙に私ももらい泣きしてしまいました。

  この図書館だよりがお手元に届くころには、またパラリンピックで感動の涙を流して

 いることと思います。

  実は、西部会館の軽運動室には卓球台があり、盲人卓球用のサウンドボールも揃えて

 います。が、卓球台に淵がない通常の卓球台のため先日サウンドテーブルテニスではな

 く、「卓球バレー」を職員で行いました。

  卓球バレーと言っても、卓球をしながらバレエを踊るわけではありません。

  卓球台のネットを挟んで1チーム6人ずつが椅子に座って球を転がし、相手コートへ

 3打以内で返すというゲームです。

  ルールは6人制バレーボールを元に考案された為この名前がついたそうです。

  障害の重い人も軽い人も、視覚、聴覚、肢体、知的の障害のある人も無い人も共に楽

 しめるゲームです。ラケットは通常のラケットとは違い縦横とも30㎝以内の大きさの

 木製の板を使用します。

  いざプレーを始めると、我を忘れて強打の連続。ところがアイマスクを付けると球が

 どこにあるのかさっぱりわからず勘の悪い事。

  一番強かったのは視覚障害のある職員で「消える魔球」に全員唖然としました。笑い

 と悲鳴をあげながらも職員同士楽しく盛り上がりました。

  今度は利用者の皆さんと点図職員でぜひプレーしたいですね。

 

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する