スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • アーティストNO.21-
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきミニライブ
    • かがやきアートギャラリー
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやき作品展とは
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 北九州市身体障害者福祉協会 > 機関誌「しんしょうだより」 > 第38号 > 

今を駆ける~障害福祉の世界に生きる人たち~

機関誌「しんしょうだより」

ここから本文です。

今を駆ける~障害福祉の世界に生きる人たち~

「人と人の繋がりを大切にしたい。」

 

リーガロイヤルホテル小倉 小野 賢治(おの けんじ)

 

 障害のある方々との繋がりが出来たのは、とある二人との出会いでした。

 音楽家の渡辺知子(わたなべともこ)さん、そしてご主人の橋本(はしもと)たかしさんです。この二人との出会いで、今までの生活が劇的に変わりました。

 渡辺知子さん自身も紫斑病(しはんびょう)、くも膜下出血と生死を彷徨う大病を患い、辛いリハビリを乗り越えて復活されました。そして自身の経験を活かし、主催する「音もだちクラブ」で、耳が聞こえない方にも手話で音楽を楽しんで頂きたいと、手話の勉強を皆でスタート。北九州市聴覚障害者協会の大澤(おおさわ)先生にご指導頂き、コンサートで披露する事が出来ました。

 音もだちクラブのメンバーにも様々な障害のある仲間がいます。これらの活動の中で、障害のある皆さんと一緒に活動し、様々な事を学ぶことが出来ました。

 最初は「何をして差し上げたら良いのだろうか?」など押しつけがましい考えを持っていましたが、一緒に活動するうちに「必要な事は求められる。それ以上は必要ない。自然に接する事が一番大切だ」と分かりました。今は必要な事を求められる前に対応できるようにと心掛けていますが、まだまだ・・・です。

 障害のある皆さんと自然に付き合えるようになれば繋がりはまだまだ広がると思います。

また、色々と教えられる事もたくさんありました。

 サリドマイドで両腕が無い永松玲子(ながまつれいこ)さん。彼女は足で何でも出来るスーパーマンです。人前では決して弱音を吐かない彼女と接していると、自分自身にどんな辛いことがあっても、「こんな事出来ない」「もうだめだ」とか弱音は吐けなくなりました。マイナスをプラスに変える魔力を持つ永松玲子さんに感謝です。 

 繋がりが広がるとプライベートだけでなく、仕事にも繋がってきました。   

一番最初に友達になった畑間英一(はたまえいいち)さん。車椅子の方との接し方を教わりました。プライベートでもお付き合い頂くうちに「今度、結婚します!」との話が上り、弊社にて披露宴をあげて頂き、更に奥様のご兄弟も披露宴をあげて頂きました。皆さんとお付き合いしていくうちに北九州市身体障害者福祉協会の方々とも知り合い、様々な大会のお手伝いもさせて頂き、人と人の繋がりは本当にありがたい事だと実感しています。  

 自分一人では何も出来ませんが、皆で力を合わせれば何でも出来る。その為には「人と人の繋がりを大切にする」事が必要で、これからも多くの出会いを大切にしていきたいと思います。

 

小野 賢治(おの けんじ)さんの顔写真

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する