スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • ミニライブ出演者募集!
    • アーティストNO.31-
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • ステージ出演者募集!!
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • レインボードロップス
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきステーション
    • かがやき作品展
    • カフェでアートタイム
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート
    • 2019カレンダー販売事業
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 情報提供施設 > 点字図書館 > 点字図書館だより > 第51号(H31.1.20) > 

9 この本、おもしろかった!~わたしの一冊~

点字図書館だより

ここから本文です。

9 この本、おもしろかった!~わたしの一冊~

   点字図書館を利用される皆さんがつなぐコーナーです。前号の「ある読者」さんからバト

  ンを受け取った村田さんは、最近シネマ・デイジーにはまっているご様子。シネマ・デイジ

  ーの楽しさについて、お話を伺いました。

 

*******   *******   *******

 

  ―村田さん、最近はシネマ・デイジーをよくご利用されていますね。何かきっかけがあった

   んでしょうか?

 

  デイジー図書の方はかなり聴いてしまったので、それからは時々シネマ・デイジーを借りて

 いたんですが、大きなきっかけは「図書館だより」で紹介されていた「シネマ・デイジー目録

 2018年6月版」を取り寄せて、自分で聴いてみたいものを選べるようになったことですね。

  目録ではタイトルと監督、主演俳優が分かるので、若い頃観た映画はすぐに分かりますから。

  最近の映画はタイトルを聴いても分からないけど、知っている俳優さんが出ていれば聴いて

 みようと思ったり。だから、懐かしい映画からわりと新しいものまで楽しんでいます。

 

  ―昔はよく映画を観に行かれたとか?

 

  僕らの若い頃は、娯楽といったら映画という時代です。高校時代から20歳くらいまで、よ

 く観に行きましたよ。オードリー・ヘプバーンの『ローマの休日』が上映されたのは、僕が高

 校1年の時。おとぎ話のような話だけど、いっぺんでヘプバーンファンになりました。1年後

 くらいに再上映された時は、映画館に飛んで行きましたね。『ローマの休日』はもちろん、

 『麗しのサブリナ』や『ティファニーで朝食を』も、シネマ・デイジーでもう一度聴いて懐か

 しく思い出しました。

 

  ―シネマ・デイジーでの映画鑑賞はいかがですか?

 

  音声解説というのは、NHKの朝ドラの副音声で経験していたから要領はすぐにわかりまし

 た。通常のデイジー図書と大きく違うことの一つは、音楽が入っていること。音楽を聴くと、

 また懐かしさもひとしお、そういうところもあるかもしれません。

 

  ―確かに、音楽はその映画を大きく印象付けますし、音楽に感情が掻き立てられるようなと

 ころもありますよね。もうずいぶん色々な映画を楽しまれたと思いますが、心に残るシネマ・

 デイジー作品というと?

 

  『鉄道員(ぽっぽや)』ですね。北九州出身の俳優、高倉健さんは僕より少し年上で、当時

 は憧れたものです。他には『七人の侍』『蝉しぐれ』…そうそう『伊豆の踊子』は、僕が昔観

 たのは美空ひばり主演だったけど、シネマ・デイジーには吉永小百合版と山口百恵版がありま

 した。両方借りましたよ。聴き比べ?そうですね…違いはよくわからないけど(笑)

  洋画だと『タイタニック』『ゴースト』『プリティ・ウーマン』…挙げたらキリがないです

 ね。

 

  ―『七人の侍』から『プリティ・ウーマン』まで!往年の名作から現代のラブストーリーま

 で、実に幅広いですね!普段はどんな風に聴かれているんですか?

 

  図書館から届いたらすぐにバックアップをとって返却して、あとからゆっくり楽しんでいま

 す。昔の映画館がやっていたみたいに3本立てで。それでも、映画って長くても3時間くらい

 でしょう?3本観てもデイジー図書1冊分くらいだから、すぐ終わってしまうんですよ。

  だから最近は、シネマ・デイジーとデイジー図書を組み合わせて借りています。でないと、

 物足りなくてね。外に出ることも少ないし、テレビもほとんど見ないですし、一日中ずっとデ

 イジーを聴いています。

  点字図書館があることや、音声で楽しむ図書や映画があることを知って、ほんとに大助かり

 なんです。だから、図書館が休館になる火曜日や祝日になると「うわあ、どうしよう」といつ

 も慌てます(笑)

  サピエのシネマ・デイジーもどんどん増えているようですし、これからも楽しませてもらい

 ますね。

 

*******   *******   *******

 

   村田さん、貴重なお話ありがとうございました!短いインタビューの中にも、いろんな作

  品が登場して、村田さんがシネマ・デイジーを満喫していらっしゃるご様子が伝わってきま

  した。邦画に洋画、そしてアニメまで、サピエには様々なジャンルの作品が登録されていま

  す。他館からの取り寄せになりますが、まだシネマ・デイジーを聴かれたことの無い方も、

  一度聴かれてみませんか? タイトルがわからなくても、出演俳優や監督名でも検索できます

  ので、興味のある方は点字図書館まで、どうぞお気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

 

 

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する