スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • アーティストNO.21-
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきミニライブ
    • かがやきアートギャラリー
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやき作品展とは
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

点字図書館だより

ここから本文です。

編集後記

  日本では、「十五夜の月ではウサギが餅をついている」と言いますよね。まん丸お月さんに

 浮かぶ黒い模様が「杵を持って餅をつくウサギと臼」というのは、誰とはなしに聞かされてイ

 ンプットされた定説です。

  ところで、このお月さん、地球から見えるのは表側だけだそうです。つまり、世界中どこに

 いても、同じ模様のお月さんを見上げていることになります。でも、日本ではウサギとされる

 模様は、国によって違うようですよ。アラビアでは「吠えているライオン」、ドイツでは「薪

 をかつぐ男」、北ヨーロッパでは「本を読むおばあさん」、南ヨーロッパでは「大きなはさみ

 のカニ」、カナダでは「バケツを運ぶ女性」…といった具合に。面白いですね。

  およそ45億年前から、約38万Kmの彼方で地球の周りを回り続けている月。

  原始人も万葉の歌人もガリレオも、そして現代の私たちも、同じ月を共有しているんですよ

 ね。当たり前だけど、とてつもない壮大さを感じます。

  そして、現代に生きる地球人の一人として、この小さな星の平和を願います…。

 

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する