スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • アーティストNO.21-
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきミニライブ
    • かがやきアートギャラリー
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやき作品展とは
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 情報提供施設 > 点字図書館 > 点字図書館だより > 第47号(H29.9.20) > 

8 この本、おもしろかった!~わたしの一冊~

点字図書館だより

ここから本文です。

8 この本、おもしろかった!~わたしの一冊~

   点字図書館を利用される皆さんがつなぐこのコーナー。前号のトドさんからバトンを受け

  たTさんが紹介してくださるのは、柴田 錬三郎 著『図々しい奴』。

   「おや、懐かしい」と思われた方もいらっしゃるのでは?かつて、映画やドラマにもなっ

  たお話だそうですね。時を経て改めて読むと、また違った味わいがある本があります。

   Tさんにとってこの本は、まさにそういう本だったそうです。

 

*******   *******   *******

 

   昭和35、6年に執筆された作品で、デイジーで28時間余の長編です。

   大正8年、岡山城の見える一角で、高齢の父と歳の離れた母の子として馬小屋で生まれた

  ことから、イエス・キリストをもじって切人(きりひと)と名付けられた主人公。

   幼くして両親が相次いで亡くなり、極貧で天涯孤独の身となる。しかし、持ち前の図々し

  さで世を渡り歩くうち、岡山城主だった伊勢田家の跡取り息子、直政(なおまさ)という青

  年と出会う。

   「あの城より大きな城を造る」と公言する切人は、直政に気に入られ書生として伊勢田家

  に迎え入れられる。

 

   ある時、切人と仲の良かった娘が生んだ、父親の分からぬ女の子を、切人が火事の焰の中

  から救い出すも母親は焼死する。直政は、身寄りのなくなった女の子に麻理耶(マリヤ)と

  名付け、乳母に育てるよう命じ、切人にも将来お前の嫁にしろと告げた後、一人上京する。

   切人は、試験問題を盗ませてまで地元中学に入学したが、半年余りで落第が決まるや退学

  して直政のところへ向かう…。

 

   世間知らずで学問が嫌いだった少年だったが、多くの人との出会いの中から何かを学び取

  り、人の意見に耳を傾けたり、自ら意見を求めたりして、成長していく。

   作品の最後には、切人のために出資する資産家が現れ、彼の夢は更に広がるだろう。

   長編作品ゆえ十分に紹介しきれないが、面白さが網羅されていて、肩に力を入れずに読み

  進むことができる。

   面白おかしく読むも良し、時代を懐かしむも良し、憎めない明るさ素直さや、図々しさを

  持ちながら人に愛される切人の人物像を見るも良し、読者それぞれの視点で一読してみては

  いかがでしょうか。

 

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する