スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者社会参加推進センター
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • アーティストNO.21-
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやきミニライブ
    • レインボードロップス
    • かがやき作品展とは
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート展
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 障害者福祉会館 > 会館だより > No.48 > 

会館利用団体のご紹介

会館だより

ここから本文です。

点訳ボランティア「たんぽぽ会」

 

 私たちの会は主に視覚障害のある方が本を読めるようにと新刊書の点訳をしています。会が立ち上がったのはかなり前との事(一説によれば昭和37年ごろとも)。 西部障害者福祉会館が八幡西区の若葉1丁目にあった頃から、現在はコムシティの5階点字図書館のお世話になりながら勉強会をしております。ベテランの指導者を持たないため図書館にはご迷惑をかけてばかりの会です。恥ずかしいのですが今はこれといって表立った活動はありません。ただ、障害をもった方に少しでも多くの情報を届けたいと思っています。広報紙「会館だより」、「しんしょうだより」、図書館蔵書の貸出目録、新刊図書案内の月刊誌「わたしの本屋さん」等の点訳作業を、少ない会員でやっています。

  点訳本の場合は利用者の方と図書館が選定した本の中から希望する本、または図書館から依頼された本を受け取ります。まず、本の下調べ(語句の読み方、分かち書き)をして点訳本数巻を作成します、グループ内で校正をし、次に外部の第2校正者に回り、修正(校正)があれば、図書館と相談して訂正する。1冊の本が5~6巻の点訳本として出来あがり、サピエ図書館(点字図書・録音図書などの全国最大の書誌データベース)に登録された時の喜びは一入です。この間早い時で半年、長ければ数年かかる場合もあります。根気のいる地味な作業の積み重ねですが少しでも視覚障害のある方に情報をお伝えしようと日々取り組んでいます。また図書館より、蔵書にない資料などの点訳の依頼がある事もあります。

 他には西部障害者福祉会館の文化祭「であい・ゆめ広場」、点字図書館の交流会等に参加しています。

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからページナビゲーションです。

障害者福祉会館

ここまでページナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。