スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者社会参加推進センター
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • アーティストNO.21-
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやきミニライブ
    • レインボードロップス
    • かがやき作品展とは
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート展
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

機関誌「しんしょうだより」

ここから本文です。

生きがい

「絵を描くことが好きだから。」

 

特定非営利活動法人ねぎぼうずの里 障害福祉サービス事業所リーシュ

利用者   田中 晃子(たなか あきこ)

 

 皆さん、こんにちは。私はリーシュに通所している田中晃子です。普段は小倉南区のグループホームからリーシュの送迎の車に乗り通所しています。

 私は絵を描くことがとっても大好きです。いつ頃から絵を描き始めたのかはわかりませんが、2年前からリーシュに行くようになり、少しずつ描くようになりました。

 私が絵を描く場所はリーシュの作業場です。ブックカバーにカラフルな絵を描くことが仕事で、頭の中に描きたい絵が浮かぶとスケッチブックを広げ、たくさん絵を描きます。そしてその絵をブックカバーに描いていき、色もたくさん使って描きます。色をたくさん使うと楽しくなるからです。

 私が描く絵は動物や鳥、蝶やカエル、ワニなどですが、動物や昆虫の本を見ながら描いていきます。動物の中では特にシマウマが大好きで、ブックカバーにもよく描きます。一つの絵を描き終わるのに、1時間はかからず、3つくらい描いています。

 そんな私ですが、リーシュで絵を描くようになった初めの頃は、絵を描いた後の色をどうやって塗ればいいのかわからず、悩みました。そんな時、溝野先生が「好きな色を塗っていいんじゃない?」って言ってくれて、私の悩みは消えました。

 好きな色を塗っていいと言われた日から色鉛筆やボールペンの色をたくさん使い、一つの絵を描く度に色を増やしていきカラフルな絵になりました。今私が持っている色は全部で150色くらいあります。

 私の夢は、好きな絵をたくさん描き、ブックカバーや色々なグッズになって売れていくことです。そのためにも「もっともっと絵を描かないと」って思います。

 

 晃子さん、ありがとうございました。晃子さんの夢が叶うと良いですね。

 私の個人的な希望としては、晃子さんの絵を1枚の生地にしてもらい、それを買って私のおしゃれズボンにしてみたいです。

 

聞き手 身障協会職員 永松玲子 

 

田中 晃子(たなか あきこ)さんの顔写真
田中 晃子(たなか あきこ)さんの絵画作品

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する