スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 理事長挨拶
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • 北九州市障害者芸術祭
    • R元年度の芸術祭
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-40
    • アーティストNO.41-50
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 2019カレンダー販売事業
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 情報提供施設 > 点字図書館 > 点字図書館だより > 第54号(R2.1.20) > 

5 ちょっと一息~リレーコラム

点字図書館だより

ここから本文です。

5 ちょっと一息~リレーコラム

スペースワールド〈肩パット時代編〉

                              主 任 大久保 彩

 

  宇宙旅行が現実味を帯びてきた時代の中、地元八幡のスペースワールドが、惜しま

 れつつ閉園してから早くも2年が経ちました。実は私、スペースワールドのオープン

 当時、アルバイトをしていたんです。

 「スペースドーム」というアトラクションの中で、宇宙都市へのツアーに参加するお

 客様のご案内係。シャトルという乗り物に誘導する地球側のスタッフでした。

  作業員のイメージなのか、水色のツナギ風の制服には、時代ですね「肩パット」が

 しっかり入ってました。対照的なのはシャトルのCAさん。キラキラとまばゆい帽子

 をかぶり、スタイリッシュな制服に身を包んだ彼女たちはとても華やかでした。美人

 さんが選ばれているのは明らかで、バイト仲間と妬んだものです(笑)

 「只今より、シャトルツアーで、皆さまを宇宙都市コスモピアへご案内いたします。

 宇宙到着後は3つのツアーに分かれております。お手持ちの搭乗券は各ツアーご搭乗

 の際に必要となりますので、無くされませんようご注意ください…」かれこれ30年

 前のアナウンスを、なぜだかしっかり覚えています。シャイでおとなしくて(ホント

 です)、元来人前で話すことは苦手でしたが、あの頃の経験のおかげで少しは度胸が

 ついたように思います。

  そうそう、当時はよくシャトルが途中で止まってしまい、お客様には「ワープ通路」

 という名の非常通路から地球へご帰還いただいていました。

  道中、お客様に「地球には、歩いて帰れるんだね」なんて言われても、「はい、只今

 ワープしておりますので」と全く動じない太々しさも、思えばあの頃身につけたのかも

 しれません。

  2017年12月31日―グランドフィナーレを迎えたスペースワールドの最後のポ

 スターに、こんなことが書かれていました。

      不器用で、ちっぽけで、でも、一生懸命がんばった遊園地を、

           どうか、どうか、忘れないでください

  …ぐっときちゃいました。

  忘れませんとも。

  

  私も不器用でちっぽけだけど、とにかく今年も一生懸命がんばります。

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する