スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 理事長挨拶
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • 北九州市障害者芸術祭
    • R元年度の芸術祭
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-40
    • アーティストNO.41-50
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 2019カレンダー販売事業
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

点字図書館だより

ここから本文です。

4 よろず掲示板

◆ 2019年度の主な文学賞受賞作品

  今年度の、主な文学賞を受賞した作品のいくつかを、サピエ図書館での着手・完成状

 況と併せてご紹介します。

 

 ●本屋大賞~ノンフィクション本大賞

 「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」 ブレイディみかこ 著

 〈内容〉優等生の「ぼく」が通い始めたのは、人種も貧富もごちゃまぜの「元・底辺中

  学校」。世界の縮図のような日常を、思春期真っ只中の「ぼく」と著者である母は、と

  もに考え悩み乗り越え…。傑作エッセイ。      (点字・デイジー 着手あり)

 

 ●野間文芸賞

 「人外」 松浦 寿輝 著

 〈内容〉アラカシの枝の股から滲みだし、四足獣のかたちをとった「それ」は、荒廃し

  た世界の風景を横切り…。ゆくてに待ち受けるのは、いったい何か?世界のへりをめ

  ぐる、よるべない魂の旅を描く小説。           (デイジー 完成あり)

 

 ●野間文芸新人賞

 「神前酔狂宴」 古谷田 奈月 著

 〈内容〉神社の披露宴会場で働き始めたフリーターの浜野は、結婚式の「茶番」を演じ

  るうち、御祭神が明治日本の〈軍神〉であったことを知り……。金と愛と日本と神が

  交わる、狂乱の宴がいま始まる!          (点字・デイジー 着手あり)

 

 ●野間文芸新人賞

 「デッドライン」 千葉 雅也 著

 〈内容〉修士論文のデッドラインが迫るなか、「動物になること」と「女性になること」

  の線上で煩悶する大学院生の「僕」。高校以来の親友との夜のドライブ、家族への愛情

  とわだかまり、東西思想の淵を渡る恩師と若き学徒たる友人たち、そして、闇の中を

  回遊する魚のような男たちとの行きずりの出会い―。21世紀初めの東京を舞台にか

  けがえのない日々を描く話題沸騰のデビュー作。      (デイジー 着手あり)

 

 ●柴田錬三郎賞

 「彼女は頭が悪いから」 姫野 カオルコ 著

 〈内容〉女子大に進学した美咲と、東京大学理科Ⅰ類に進学したつばさ。ふたりは恋に

  落ちたはずだった。渦巻く人々の妬み、劣等感、格差意識。そして起こった集団わい

  せつ事件。しかし、世間に叩かれたのは被害者の美咲のほうだった…。   

                      (点字・デイジー・テキスト 完成あり)

 ●谷崎潤一郎賞

 「飛族」 村田 喜代子 著

 〈内容〉朝鮮との国境近くの島で、老女が2人だけで暮らしている。ウメ子の母親で

  92歳のイオと、その海女友達で88歳のソメ子だ。彼女たちの厳しい海辺暮らしと、

  シンプルに生きようとする姿を描く。        (点字・デイジー 着手あり)

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する