スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • アーティストNO.31-
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • カレンダーアート募集
    • レインボードロップス
    • かがやきミニライブ
    • かがやきステーション
    • かがやき作品展
    • カフェでアートタイム
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 情報提供施設 > 点字図書館 > 点字図書館だより > 第49号(H30.5.20) > 

6 サピエ図書館貸出ベスト5

点字図書館だより

ここから本文です。

6 サピエ図書館貸出ベスト5

(平成30年4月20日現在)

◆ 点字図書

  第1位 「耳がよく聞こえる!ようになる本 自分で聴力を回復する正しい方法

                        中川 雅文 著 (全2巻)

    つい放っておきがちな、耳の聞こえのトラブル。でも早く的確に対処すれば、耳の聞こ

    えは取り戻せます。聴覚のしくみ、耳をよくする・悪くする習慣、難聴を引き起こす病

    気の原因・治療法・セルフケアなどについて解説します。

  第2位 「やばい老人になろう やんちゃでちょうどいい

                       さだ まさし 著 (全3巻)

    永六輔、井伏鱒二、黒柳徹子、瀬戸内寂聴、安岡章太郎…。著者・さだまさしがこれま

    でに出会った「じじぃ」や「ばばぁ」たちの、「圧倒的な生き様」や「やばい老人力」

    を伝える。

  第3位 「かがみの孤城」 辻村 深月 著          (全9巻)

    部屋に閉じこもっていたこころの目の前で、鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先

    の世界には、似た境遇の7人が。秘めた願いを叶えるため、7人は城で隠された鍵を探

    す―。2018年本屋大賞受賞。

  第4位 「アキラとあきら」 池井戸 潤 著         (全8巻)

    片や零細工場の息子。片や大手海運会社の御曹司。ふたりのアキラが出会い、それぞれ

    の人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。人生を賭した戦いが始ま

    った―。WOWOW「連続ドラマW」の同名ドラマの原作。

  第5位 「プロ野球奇人変人列伝 我が愛すべきプロ野球選手たち

                        野村 克也 著 (全2巻)

    徹夜で麻雀をして、球場入りするなり出番まで医務室で寝ている選手。財布を持ち歩か

    ないケチな選手…。野村克也が60年以上プロ野球界に身を置いてきたなかで出会った、

    ユニークな奇人変人たちのエピソードを紹介する。

 

 

◆ デイジー図書

  第1位 「果鋭」 黒川 博行 著          (12時間36分)

    右も左も腐れ狸や―。元刑事の名コンビがマトにかけたのはパチンコ業界。出玉の遠隔

    操作、極道顔負けの集金力、警察との癒着。我欲にまみれた20兆円産業の闇を突くワ

    ルでタフなふたりがクズどもを蹴散らす痛快悪漢小説!

  第2位 「依頼人の娘」 東野 圭吾 著        (7時間33分)

    母・妙子が殺害された。第一発見者は父・陽介。警察は初め陽介を疑っていたが彼には

    アリバイがあった。だが、父や姉の態度に不審を抱いた娘の美幸は陽介が会員になって

    いる「探偵倶楽部」に調査を依頼。会員制の「探偵倶楽部」が数々の難事件を解決する、

    表題作他4編。

  第3位 おもかげ」 浅田 次郎 著        (10時間49分)

    定年の日に倒れた竹脇は、ベッドに横たわる自分の体を横目に、奇妙な体験を重ねてい

    た。自らの過去を彷徨う竹脇の目に映ったものは…。心揺さぶる、愛と真実の物語。『毎

    日新聞』連載を単行本化。

  第4位 「かがみの孤城」 辻村 深月 著      (13時間59分)

    部屋に閉じこもっていたこころの目の前で、鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先

    の世界には、似た境遇の7人が。秘めた願いを叶えるため、7人は城で隠された鍵を探

    す―。2018年本屋大賞受賞。

  第5位 「おらおらでひとりいぐも」 若竹 千佐子 著 (3時間50分)

    「この先一人でどやって暮らす。こまったぁどうすんべぇ」 捨てた故郷、疎遠な息子

    と娘、亡き夫への愛。震えるような悲しみの果てに、74歳の桃子さんが辿り着いた、

    圧倒的自由と賑やかな孤独とは。第158回芥川賞、第54回文藝賞W受賞。

 

 

  ※ご希望の図書の他の媒体での製作状況等につきましては、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する