スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • アーティストNO.21-
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきミニライブ
    • かがやきアートギャラリー
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやき作品展とは
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 北九州市身体障害者福祉協会 > 機関誌「しんしょうだより」 > 第45号 > 

社会資源紹介コーナー~つなぐ、つながるために~

機関誌「しんしょうだより」

ここから本文です。

社会資源紹介コーナー~つなぐ、つながるために~

 

北九州市障害者陸上競技クラブ

 皆さんは「障害者陸上(しょうがいしゃりくじょう)」を見たことがありますか? ガイドランナーや義足(ぎそく)、レーサーなど一人一人の障害に合わせて競技を行います。中でもレーサーと呼ばれる3輪の競技用車いすでは、マラソンの下りでは時速70キロを超えることもあり、そのスピード感が魅力です。

 北九州市障害者陸上競技クラブは、北九州(きたきゅうしゅう)を拠点として、障害者陸上を広めたいという思いから平成25年より活動を始めました。現在、選手、スタッフを含め10名弱のメンバーで、普段は定期的に鞘ケ谷(さやがたに)陸上競技場で練習し、市内・外の大会に参加しています。パラリンピック出場を目指す、一生涯のスポーツとして陸上を楽しむ・・・それぞれ目指すものは違いますが、想い想いの同士が活動しています。

 また、年に1回鞘ヶ谷陸上競技場にて、障害のある子どもたちを中心に「北九州市障害者陸上競技教室」も行っています。子ども達はハンドサイクルという手漕(てこ)ぎ自転車を車いすに装着し、トラックを走ります。初めての子どもたちもパラリンピック日本代表選手よりアドバイスをもらいながら楽しい時間を過ごします。

 このようにまだまだ小さなクラブではありますが、北九州を拠点として陸上を楽しんでいます。

この記事を読んで、一人でも多くの方に障害者陸上に興味を持っていただけたら幸いです。

 

〈北九州市障害者陸上競技クラブ〉

Facebook『北九州市陸上競技クラブ』

イベントの写真
メンバーの写真
競技用車椅子「レーサー」の写真

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する