スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 本年度の芸術祭について
    • かがやきステージ出演募集!
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • 2019カレンダー販売事業
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

北九州市身体障害者福祉協会

ここから本文です。

2019年07月01日 newsmodified:0

障害のある人の災害時支援を考える研修会

 東日本大震災や熊本地震、北海道胆振東部地震といった地震災害のみでなく、近年は地球温暖化の影響と言われている、九州北部豪雨や西日本豪雨といった、以前では考えられない局地的な豪雨災害が全国各地で起きています。
 北九州市を含む九州地方は、台風や地震にはそれほど縁がない、どこか「安全神話」がありました。しかし、もはやそれも昔の話で、熊本地震や九州北部豪雨など、いつ災害が起こるか分からない状況です。
 当協会も以前からシンポジウムを開催するなど、障害のある人の災害時支援について取り組みを行ってきました。

 現在も、障害当事者団体等の連合体である、北九州市障害福祉団体連絡協議会(障団連)と共に、地域とのつながりを増やしていくための取り組みを少しずつ広げています。
 今回の研修会では、私たちに何が出来て何が必要なのか、当事者に求められる支援は何なのか、今後の北九州市における取り組みにつなげていくことを目的として、震災から8年が経過し、障害のある人への災害時の支援体制や地域とのつながりづくりに関して、仙台市が復興へと歩んできた道のりを学び、これからについて一緒に考えていきます。

【日程】
 令和元年7月27日(土) 

【内容】
 (1)講演  講師 阿部 一彦氏

 (社福)日本身体障害者団体連合会 会長、(社福)仙台市障害者協会 会長
 (2)参加者とのディスカッション「地域とつながるには」

【対象】
 障害当事者団体、関係者、民生委員など地域の方

【定員】

 100名(先着)

【会場】
 ウェルとばた2階 多目的ホール(戸畑区汐井町1-6)

【申し込み方法】

 申し込みは、電話又はFAXで下記までお申し込みください。

 

<申し込み、お問合わせ先>      
(公財)北九州市身体障害者福祉協会(担当:松本、岩崎)
 TEL:093-883-5555 FAX:093-883-5551

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する