スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者社会参加推進センター
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター
    • 事業の紹介
    • アーティストNO.21-
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.01-10
    • パフォーマー紹介
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやきミニライブ
    • レインボードロップス
    • かがやき作品展とは
    • かがやきアートinMOJI
    • かがやきアート月間事業
    • エコライフかがやきアート展
    • 新聞・報道機関での紹介
    • 北九州市障害者芸術祭とは
    • 本年度の芸術祭について
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 芸術文化活動紹介
    • 芸術文化情報発信
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 障害者福祉会館 > 会館だより > No.51 > 

会館利用団体のご紹介

会館だより

ここから本文です。

遷延性意識障害者 (せんえんせいいしきしょうがいしゃ)・家族の会 九州「つくし」

 

 私達は、ある日突然、不慮の事故や病気等により脳に重大な損傷を受け、一命は取り留めたものの、意識障害が遷延する(続く)遷延性(せんえんせい)意識障害者とその家族の会です。「遷延性意識障害者」は自力で動く事も、食べる事も、話す事も、呼びかけに応じる事も出来ない、最重度の障害者です。重度障害を持つ家族と歩む事で、命がある事の有り難さや喜びは際立って感じられます。しかし同時に、当事者本人の病状や障害については勿論、制度上の問題、医療・介護の事、受け入れ施設の事、家族自身の事、将来の事等、多岐に亘る問題を抱えています。

また、実際にこのような立場にならなければ理解してもらうのが困難な事も多々あり、多くの家族が不安や疑問を誰にも打ち明けられず、孤立してしまっています。そこで2015年4月に家族会を発足しました。
現在では、北九州地区、福岡地区を中心に九州各県、沖縄県、山口県に会員がおります。
家族会の活動状況と致しましては、当事者家族同士が現状や悩みを分かち合う場を設ける(年4回程の懇親会)、専門家を招き知識を深める為の講演会を実施(春、秋)とともに、一般の方々にもこの障害について理解して頂けるような情報発信(年2回の会報の作成)、当事者やその家族がより良く暮らしていく為の行政への働きかけ等を行っております。

北九州地区での集まりも年2~3回程行っております。

皆様のご理解、お力添えを賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからページナビゲーションです。

障害者福祉会館

ここまでページナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。