スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 理事長挨拶
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 令和2年度障害者芸術祭
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-40
    • アーティストNO.41-50
    • パフォーマー紹介
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 2019カレンダー販売事業
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 作品・ステージ出演募集
    • 芸術文化情報発信
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 障害者福祉会館 > 会館だより > No.63 > 

会館利用団体のご紹介

会館だより

ここから本文です。

てんやくさーくる わかば 会長 山田 千春 氏

平成5年5月、点字図書館が開催した、パソコン点訳ボランティア養成講座の第1期修了生によって、【点訳サークルわかば】は誕生しました。

初心者ばかりの会でしたが、視覚障害者が利用する読書環境を良くするために、視覚障害者とボランティアが同じ方向を向き、共に歩んで行くという理念の下(もと)、利用者にも正会員として参加して頂き、意見を聞きながら点訳書(てんやくしょ)を作成しています。

令和元年11月現在、点訳ボランティア25名、利用者(点訳データを活用される方)20名が在籍しており、活動内容としては、

・利用者や点字図書館より依頼のあった書籍などの点訳。

・新聞の新刊案内やCDジャーナルを点訳し、毎月データで利用者に提供。

・年4回会報を作成し、利用者に提供。

・月に2回勉強会を設け、点訳の知識、パソコンの操作など、情報と知識を共有。

・毎年6月に総会を開催し、利用者とボランティアの直接交流を実行。

・毎年11月に会館主催の「であい・ゆめ広場」へ点字体験コーナーを企画し参加。

また不定期に「ビール会」や「本屋さんへ行こう」なども企画し、利用者や地域との積極的交流を推進しています。

毎週土曜日(祝祭日を除く)、10時から12時まで西部障害者福祉会館で例会を行っています。

点訳に興味のある方、見学に来られませんか? お待ちしています。

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからページナビゲーションです。

障害者福祉会館

ここまでページナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。