スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 申込受付中
    • 東部会館講座
    • 社会参加推進センター
    • 西部会館講座
    • 聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 機関誌「会館だより」
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • イベント・お知らせ
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 令和3年度障害者芸術祭
    • 過去の事業紹介
    • 障害者アーティストへの応援
    • パフォーマー紹介
    • かがやき作品展
    • かがやきアートギャラリー
    • レインボードロップス
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • かがやきアート月間事業
    • 春のスイーツ広場
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 作品・ステージ出演募集
    • 芸術文化情報発信
  • お問合せ
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 北九州市身体障害者福祉協会 > 第58号 > 

「できない」を「できる」に変える技術

北九州市身体障害者福祉協会

ここから本文です。

「できない」を「できる」に変える技術

光学的(こうがくてき)文字(もじ)認識(にんしき)(OCR)とは、印刷された活字や画像をスキャナやデジタルカメラで読みとって、デジタルの文字コードに変換する技術のことです。

視覚に障害のある人は、活字や画像を文字コードに変換、データ化することで、パソコンやスマートフォンの音声読み上げ機能を使って、印刷物の情報を得ることができるようになります。

近年、このOCRの発展が目覚ましく、視覚に障害のある人にとって便利な機器やアプリが数多く開発されています。(*OCRはOptical Character Recognitionの略)

今回はその中から体験した2つの製品をご紹介します。

まずは、メガネに簡単に取り付けられる音声デバイス「オーカム」です。

オーカムは、書類をメガネの正面にくるように手に取り、デバイス本体を1回指でタッチするだけで、カメラが画像を解析(かいせき)し、書類の内容を音声で読み上げてくれます。また、途中の見出し部分を人差し指でさし、音が鳴ったら指を放すだけで、見出し部分から音声で読み上げてくれます。書類のように手に取れなくても、遠くの看板の文字を人差し指でさして読ませることもできます。

今回体験した「オーカム」は「マイリーダー」という機種で、書類、メール、資料などの活字を解析し、音声で読上げてくれるデバイスです。上位機種の「マイアイ」になると、書類などに加え、あらかじめデバイスに学習させた人の顔、またお札や色、商品のバーコードの認識ができるようになります。

次に体験したのは、スマートフォンのアプリ「Envision AI(エンビジョン エーアイ)」です。

これは、カメラでとらえた文字情報を読上げる機能を持つアプリです。操作は簡単で、アプリを立ち上げて、目の前の情報をすぐに読上げてほしいときは「すぐに認識してほしい文字」のアイコンをタップするだけ。そうすると、カメラでとらえた範囲にある文字情報を読上げてくれますので、例えば自動販売機などで商品名や値段を確認したいとき、冷蔵庫の中の商品のパッケージを読ませて、何の商品か確認したいときなどに使えます。

また、書類を解析して文字情報として読ませたいときは「書類の文字」のアイコンを選んでタップするし、カメラと書類の距離をうまく調節して、書類が画(が)角(かく)に収まるようにすれば、書類の文字情報をテキストとして抜き出し、音声で読み上げてくれます。

エンビジョンは、その他に風景や色の説明、バーコードのスキャンなどの機能が備わっています。

今回2つの製品を紹介しましたが、他にもたくさんのOCR機能を持つ機器やアプリがあります。

カメラでとらえた文字を完璧に読上げるとまではなかなかいきませんが、自宅に届いた手紙は一人では読めず、ヘルパーが来た時に読んでもらうしかない、点字シールが貼っていない自動販売機では何が並んでいるか分からず買えないなどの、これまでの「できない」を「できる」に変える技術が詰まったOCRは、今後の多くの可能性を秘めています。皆さんもぜひ一度体験してみてください。

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する