スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 申込受付中
    • 東部会館講座
    • 社会参加推進センター
    • 西部会館講座
    • 聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 機関誌「会館だより」
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • イベント・お知らせ
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 令和3年度障害者芸術祭
    • 過去の事業紹介
    • 障害者アーティストへの応援
    • パフォーマー紹介
    • かがやき作品展
    • かがやきアートギャラリー
    • レインボードロップス
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • かがやきアート月間事業
    • 春のスイーツ広場
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 作品・ステージ出演募集
    • 芸術文化情報発信
  • お問合せ
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

北九州市身体障害者福祉協会

ここから本文です。

生きがい

「彼の世界」

 

彼の名前は、友近邦宏さん。知的障害があり自閉症です。

彼には、誰にも真似できない光り輝く才能があります。

その才能を発見したのは2016年5月。事業所として、個別での活動をスタートして間もないころ、絵を描いてもらった事がきっかけになります。

初めて描いたのは慣れ親しんだ車の絵。それまで行っていた活動の時とは違い、鉛筆と色鉛筆を使い黙々と絵を描く姿が印象的で、とても集中して意欲的に取り組んでいました。

時間をかけて完成した作品を見てビックリ。「すごい」と感じたと同時に「いろんな人に彼の作品を見てもらいたい」と思った瞬間でした。それから、今の活動スタイルに変化するまで、時間は全くかかりませんでした。私たちにも、絵を描く楽しさが伝わるほど、毎日絵画の活動を行い、多くの作品を生み出していったのが印象的です。以来、さまざまな作品展に出展するようになり、それが多くの人に彼を知ってもらえる機会、彼の作品を見てもらえる機会となっています。

作品が評価を受けたのは、初めての出展からでした。絵の構成、色使い、表現方法・・・1枚の画用紙の中に、彼にしか描けない素晴らしい世界が広がっており、北九州市をはじめ、福岡県の美術展、全国が舞台の芸術祭や機関誌など、多くの方々から評価と賞賛をされるようになりました。2019年には1年を通して、北九州市役所、ドン珈琲館(小倉北)、図書室カフェITOH(戸畑)の3ヶ所で、念願であった個人の作品展も行う事ができ、彼の絵を見た方も多いのではないでしょうか。

今年は、絵画の活動を始めて5年目の節目の年になります。生み出した作品は300点以上になり、どの絵を見ても彼の才能が光るものとなっています。この4年間の活動を振り返る中で一番変化したのは彼自身だと思います。意欲的な活動ができたことで、表情が豊かになり、苦手なことにも挑戦できるようになった、彼自身が大きく成長したと感じています。

今後も小さなアトリエで、思いを込めた素晴らしい作品を生み出して欲しいと思います。

 社会福祉法人 北九州市手をつなぐ育成会
インクル曽根

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する