スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 申込受付中
    • 東部会館講座
    • 社会参加推進センター
    • 西部会館講座
    • 聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 機関誌「会館だより」
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • イベント・お知らせ
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 令和3年度障害者芸術祭
    • 過去の事業紹介
    • 障害者アーティストへの応援
    • パフォーマー紹介
    • かがやき作品展
    • かがやきアートギャラリー
    • レインボードロップス
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • かがやきアート月間事業
    • 春のスイーツ広場
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 作品・ステージ出演募集
    • 芸術文化情報発信
  • お問合せ
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 北九州市身体障害者福祉協会 > 第60号 > 

今を駆ける ~障害福祉の世界に生きる人たち~

北九州市身体障害者福祉協会

ここから本文です。

今を駆ける ~障害福祉の世界に生きる人たち~


福祉イラストレーター 横山 ぐぐ(よこやま ぐぐ)さん

 

 私は29歳で大腸を全摘し人工肛門を造設しました。

 原因は潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)という難病です。

 26歳に発病し3年間で6回ほど入退院を繰り返しました。効くと言われている薬はすべて試しましたが、どれも効いても1か月持ちませんでした。

 この病気によって、職場を解雇され、新たに仕事を始めても病状の悪化で長期入院をしてしまうため長続きできません。

 たまたま、入院時にお見舞いでイラストを描く道具などをいただき、暇な時間をつぶすようになり、また、SNSでイラストをあげるようになりました。

 この頃、LINEスタンプが一般の方でも販売できるようになったことから販売を始め、その収入が上がったことでイラストの仕事に興味を持つようになりました。

 そして29歳の夏、人工肛門を造設し、療養中に旅行に行ったことで、人工肛門・人工膀胱保持者(オストメイト)の漫画を描くことを決意しました。

 旅行先では専用のトイレはあっても大体が車いすの方と同じトイレのため、好奇の目で見られ、また、お風呂なども一緒に入ることはできませんでした。

 これらはすべて、この人工肛門・人工膀胱について理解されていないことが原因だと気づいたのです。

 ここから漫画を描き始め、その年末にSNSへ投稿したところ約200万人の方が漫画を読んでいただき、「これは知らなかった」「ためになった」と少しだけでも情報を拡散することが出来ました。

 この拡散された漫画により、初めて漫画のお仕事をいただくようになり、そこから人工肛門等の福祉装具関係のイラストや病気や障害に関する漫画も描くようになり「福祉イラストレーター」として30歳より本格的に活動を始めました。

 福祉イラストレーターと名乗ってはいるものの、福祉以外にも猫のイラストをメインに商品を制作し各種イベントでの出展やオンラインショップでの販売もしています。

 今年はイラスト以外のお仕事もさせていただいたことでイラストの幅が広がったので、これからもっといろいろなことにチャレンジし、イラストレーターとして障害や病気のある方への貢献ができればと考えています。

 

【ホームページ】 https://gugumamire.jimdofree.com

【Twitter】 @ponpokonyanko

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する