スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 申込受付中
    • 東部会館講座
    • 西部会館講座
  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 機関誌「会館だより」
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • イベント・お知らせ
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 令和3年度障害者芸術祭
    • 過去の事業紹介
    • 障害者アーティストへの応援
    • パフォーマー紹介
    • かがやき作品展
    • かがやきアートギャラリー
    • レインボードロップス
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • かがやきアート月間事業
    • 春のスイーツ広場
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 作品・ステージ出演募集
    • 芸術文化情報発信
  • お問合せ
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 情報提供施設 > 点字図書館 > 点字図書館だより > 第59号(R3.9.20) > 

2 障害者福祉会館からのお知らせ

点字図書館だより

ここから本文です。

2 障害者福祉会館からのお知らせ

◆ 東部障害者福祉会館「ふれあい広場」 西部障害者福祉会館「であい・ゆめ広場」について

 障害のある人とボランティアの方の活動発表の場、そして市民の方とのふれあいの文化祭として毎年秋に開催している、東部障害者福祉会館の「ふれあい広場」、西部障害者福祉会館の「であい・ゆめ広場」についてのお知らせです。

 毎年、ステージやバザー、さまざまな体験コーナーを楽しみにしている皆さんより、今年こそは例年どおりの賑やかな文化祭を開催して欲しいというお声をたくさん頂いておりました。

 しかし、未だ猛威を振るう新型コロナウイルス感染症のため例年どおりの開催は難しく、今年度も新しい生活様式に合わせた新しいカタチの文化祭を開催致します。

 東部障害者福祉会館では、作品展示と実行委員の皆さんの団体の活動動画紹介。

 西部障害者福祉会館では、作品展示とワークショップを開催予定です。

 一日も早く新型コロナウイルス感染症が収束し、また皆さんとステキな笑顔で会えますように・・・

 

 

 

◆ 東部障害者福祉会館【講座のご案内】

    【ミュージックケア教室】

     内容:イスに座って、いろいろな物を使いながら行う音楽療法です。こころと体をリフレッシュ

                       しましょう。

     日時:11月13日(土)、12月11日(土) 

          午前の部 10:00~11:30 午後の部 13:00~14:30

     回数:全2回(午前の部・午後の部どちらか選んで下さい)

     定員:各部8名(抽選)  参加費:無料

     会場:東部障害者福祉会館(ウェルとばた6階)

     対象:市内在住か勤務している障害のある人

     ◎お問合せ・お申込み先:北九州市立東部障害者福祉会館

                       (戸畑区汐井町1-6 ウェルとばた6階)

            TEL093(883)5550 FAX093(883)5551

 

 

◆ 西部障害者福祉会館【オンライン講座のご案内】

   西部会館では、オンライン講座を開催しています。

 全国さまざまな分野でご活躍の先生をオンラインで繋ぎ、受講は今までどおり福祉会館かオンラインかを選ぶことが出来ます。

 会館に来ることが難しく受講できなかった方も、ご自宅やご自分の好きな場所から気軽に参加することが出来ます。

 オンライン受講には、最近よく聞くZoomというアプリを使用します。是非一度参加してみませんか?

             

次回開催のオンライン講座

※本講座は、8月22日(日)に開催を予定していましたが、福祉会館が臨時休館となった為、延期して開催いたします。

 

講座名:最後の最後まで一緒にいよう〜盲導犬セラフと過ごした最後の4ヶ月間の記録

 

      パートナーの名前はセラフ。

      夏に生まれた骨格のしっかりしたラブラドールレトリバーのオス。

      毛色はイエローで耳の先としっぽの先が茶色。

      目も鼻も大きくて表情がよくわかる犬でした。

      セラフと出会ったその時から「最後まで一緒に過ごしたい!」と思い、それから私たちは

      「できるだけ一緒にいること」がはっきりとした目標になりました。

      セラフがきてくれてから私の好奇心と行動範囲はどんどん広がり、日常がとても豊かな

      ものになりました。

      そして何より、いつどんな時でもそばにいてくれたこと、それこそが私の幸せそのもので

      した。13年間並んで過ごした盲導犬との別れとはじまりについてお話しします。

      前半は彼を看取りたいと切望したその先に見えた今の思いを。

      後半は盲導犬を迎えるにあたって準備したあれこれや、日常必要となる費用について

      自身の経験に基づいて、まとめてご紹介いたします。

      当事者という立場からスポーツ選手として、さまざまな経験の中で葛藤したこと。

      そして盲導犬との過ごした日々を聞いていただき、いろいろな人の気づきや希望になれ

      ばと思います。

 

講師:西島 玲那氏(にしじま れな)鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師

(NPO法人 地域医療連繋団体.Needsスタッフ)

 

略歴と現在

      15歳で網膜色素変性症を発症、19歳で視力を失う。

      19歳のときにゴールボール女子日本代表となり世界選手権に出場。

      21歳で引退後、23歳で陸上競技に転向。

      全盲女子800mの日本記録保持者(2021年4月1日現在)。

      その後スポーツを引退し成長期のアスリートのケアに携わりながら治療院を運営する。

      30歳で仕事をやめ結婚し現在に至る。

      2007年から一緒に生活してきた盲導犬・セラフを2020年10月に看取り身体障害者

      のためだけの補助犬でなくもっと犬とどこへでも行ける社会を夢見て現在はセラフとの

      生活の記録を残している。

 

   日時:令和3年10月24日(日)13:30~15:30

   定員:会場20名 オンライン20名(いずれも先着)

      ※お申込みの際に、会場かオンラインかを、お伝えください。

   会場:西部障害者福祉会館(コムシティ5階)

   対象:市内在住か勤務している障害のある人、家族や支援者

      ※オンライン参加は、事前にZoomアプリのダウンロードが必要です

   参加費:無料

   申込:10月3日(日)より電話にて受付   

   ◎お問合せ・お申込み先:北九州市立西部障害者福祉会館

                                           (八幡西区黒崎3-15-3コムシティ5階)

           TEL093(645)1300 FAX093(645)1600

 

※内容は、変更になる場合があります。詳細は、市政だより、ホームページ等でお伝えしていきますので、

   ご確認下さい。

「しんしょう協会」または「北九州市 身障協会」で検索

 

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する