スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 申込受付中
    • 東部会館講座
    • 西部会館講座
    • 聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 機関誌「会館だより」
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • イベント・お知らせ
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • レインボードロップス
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 令和3年度障害者芸術祭
    • 『トラ・寅・TORA!』アート展
    • 過去の事業紹介
    • 障害者アーティスト
    • パフォーマー紹介
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • かがやきアート月間事業
    • 春のスイーツ広場
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 作品・ステージ出演募集
    • 芸術文化情報発信
  • お問合せ
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > アートセンター > 

アーティストNo46 いずみ

アートセンター

ここから本文です。

☆かがやき☆アーティストファイルNO.46:いずみ

Izumi

いずみ


1998年生

障害:高機能自閉症による適応障害

作品:絵画

 

受賞歴・採用歴:

2018年 北九州市身体障害者福祉協会 カレンダー イラスト採用

2017年 福岡トヨペットカレンダー イラスト採用

 

 

自己紹介:

創造館おきらく工房(就労継続支援B型)に就職当初、さをり織の作業を行いましたが、作業スピードが遅く著しく体力がない状態でした。

しかし、さをり織の色使いが、明るくほわーとした可愛いものでした。

体も細く体力がないため、色彩感覚が生かせる好きな作業にと絵画を始めました。

絵を描き始めると、どこにパワーがあるのか不思議なくらい集中し真剣に描き上げます。

かと思えば、まったく描かないで、眠ってしまうこともあります。

そんな時はどうやら夢の中で絵のイメージを高めているようです。

 

今後の夢:

最近、自分の絵が賞に選ばれるようになり、「画家になりたい」という希望が生まれています。

 

本アーティストの作品は下記をクリック↓

https://www.instagram.com/p/COE71IGHZLs/

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する