スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 申込受付中
    • 東部会館講座
    • 西部会館講座
    • 聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 機関誌「会館だより」
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • イベント・お知らせ
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • レインボードロップス
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 令和3年度障害者芸術祭
    • 『トラ・寅・TORA!』アート展
    • 過去の事業紹介
    • 障害者アーティスト
    • パフォーマー紹介
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • かがやきアート月間事業
    • 春のスイーツ広場
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 作品・ステージ出演募集
    • 芸術文化情報発信
  • お問合せ
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > アートセンター > 

アーティストNo34 相良 徹

アートセンター

ここから本文です。

☆かがやき☆アーティストファイルNO34: 相良 徹

sagara toru

相良 徹

 

1961年生

障害:身体障害

作品:絵画

 

受賞暦・活動暦:

2021年 第14回北九州市障害者芸術祭 実行委員長賞

2020年 第13回北九州市障害者芸術祭 理事長賞

2018年 北九州市身体障害者福祉協会アートセンター「障害者アートカレンダー」に作品掲載

 

本人紹介:

脳梗塞発病後、リハビリ施設内で行われていた絵画サークルに参加しました。利き手である右手は麻痺のため動かないので、左手で描いています。絵を描き始めて数年後の2017年に初めて北九州市障害者芸術祭に作品を出展。

描く作品の基盤となるテーマは、「宇宙進化への参加」。突然、右手足の麻痺、言語喪失という障害をもってしまった自分でも諦めずポジティブにリハビリを続け頑張れば、そこに何かが生まれ、作品を見てくださった人が少しでも元気に、そして幸せになれますようにという思いを込めて絵を描き続けています。


本アーティストの作品は下記をクリック↓

https://youtu.be/sldrcj87sX8

 

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する