スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 申込受付中
    • 東部会館講座
    • 西部会館講座
    • 聴覚障害者情報センター
  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 機関誌「会館だより」
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • イベント・お知らせ
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • レインボードロップス
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 令和3年度障害者芸術祭
    • 『トラ・寅・TORA!』アート展
    • 過去の事業紹介
    • 障害者アーティスト
    • パフォーマー紹介
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • かがやきアート月間事業
    • 春のスイーツ広場
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 作品・ステージ出演募集
    • 芸術文化情報発信
  • お問合せ
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > アートセンター > 

アーティストNo17 坂口 誓司

アートセンター

ここから本文です。

☆かがやき☆アーティストファイルNO17: 坂口 誓司

sakaguchi seiji

坂口 誓司

 

1935年生

障害:内部障害

作品:工芸(爪楊枝による日本の名城)

 

受賞暦・活動暦:

北九州市障害者芸術文化応援センター主催「かがやき賞」受賞

 

本人紹介:

昭和34年ごろから趣味で作り続けて半世紀以上。これまでの作品数は100~150個ぐらいで、城(天守)のある物を自宅の居間で制作中。作品を完成させるのにかかる時間は、大型で年2個、中型で年4個、小型で年5個ぐらい制作される。

これまで作った作品の中で好きなのは、NHKに出した約12,000本の爪楊枝を使った小倉城。作品を制作している中で楽しいことは、小さい所や難しい所を作る時。。。。と言われる。

これからの夢は、視覚障害のある方が、手で触ってわかる様に作品づくりをしたい。

 

本アーティストの作品は下記をクリック↓

https://youtu.be/IxqEHYmw9hk

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する