スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

  • 北九州市身体障害者福祉協会
    • 理事長挨拶
    • 協会の取り組み
    • 協会の活動方針
    • 組織
    • 情報開示
    • 機関誌「しんしょうだより」
    • ジパング倶楽部 特別会員
    • お知らせ一覧
  • 障害者福祉会館
    • 東部障害者福祉会館
    • 西部障害者福祉会館
    • 障害者芸術文化応援センター
    • 障害者社会参加推進センター
    • 会館だより
  • 情報提供施設
    • 点字図書館
    • 聴覚障害者情報センター
    • 視聴覚障害者情報センター
  • アートセンター
    • 事業の紹介
    • 北九州市障害者芸術祭
    • 令和2年度障害者芸術祭
    • アーティストNO.01-10
    • アーティストNO.11-20
    • アーティストNO.21-30
    • アーティストNO.31-40
    • アーティストNO.41-50
    • パフォーマー紹介
    • 黄金町かがやきミニライブ
    • かがやきアートギャラリー
    • かがやき作品展
    • レインボードロップス
    • かがやきステーション
    • かがやきアート月間事業
    • 2019カレンダー販売事業
    • ありがとうのタビ
    • ユキモントライアウト
    • シアワセな牛作品展
    • 春のスイーツ広場
    • かがやきアートinMOJI
    • エコライフかがやきアート
    • 障害者芸術祭記念誌
    • 作品・ステージ出演募集
    • 芸術文化情報発信
  • 様式ダウンロード
  • リンク

ここまでメインナビゲーションです。

 ホーム > 情報提供施設 > 点字図書館 > 点字図書館だより > 第55号(R2.5.20) > 

ご挨拶 点字図書館職員一同

点字図書館だより

ここから本文です。

ご挨拶 点字図書館職員一同

◆ 新年度のご挨拶

館長 安藤 薫

 

 皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

 3月5日から当図書館は休館になり、緊急事態宣言の翌日5月7日まで休館となっています。職員はテレワークも含みながらの勤務ですが、現時点では電話によるリクエストについて対応をしています。来館による貸し出しや相談、対面朗読はお断りさせていただいており、ご迷惑をおかけいたします。

 外出自粛の中ですので、ボランティアの方々が作られた図書や雑誌、市政だより、会報等をじっくり読んでいただけるよう職員も感染予防に努めながら業務を行っています。

 貸し出しのケースやCD等、アルコール消毒も行っています。

 しかし、この状況が続いたり、在宅勤務等の命令が出た際は、貸出等しばらくお休みさせていただくこともあるかと思います。ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 この会報が皆様の手元に届くころ、少しでも明るいニュースが聞かれることを祈っています。

どうぞ、気を付けてお過ごしください。

 

◆ 職員からのメッセージ

 ●退職のご挨拶

三木 和子

 3月末で退職いたしました。中央図書館の点字図書室時代からお世話になり、昭和・平成・令和と図書館の歴史を見ることが出来て、本当に幸せでした。利用者の皆様には、いろいろお世話になりました。本当に有難うございました。職員の交代はあっても、点字図書館は不滅です。これからの点字図書館の成長を楽しみにして下さい。

                                                          

                                                                                                                                   中村 クニ子

 この度3月末で退職いたしました。平成28年4月に点字図書館に異動になり丸4年、皆様には大変お世話になりました。

 なかなか利用者の皆様にお会いする機会もありませんでしたが昨年、一昨年と図書館の交流会に参加させていただき直接お話することができ楽しく過ごしたことが良い思い出となっております。

 お体をご自愛いただき、これからもたくさん点字図書館を利用していただければ嬉しく思います。

 この図書館だよりが読まれる頃には、新型コロナウイルスが終息に向かい普段の生活に戻っていることを願っております。

 ●新任のご挨拶

室元 武史

 はじめまして・・・ではない方もいらっしゃるかもしれません。

 4月1日付けで障害者差別解消相談コーナーから異動になりました室元と申します。

 その前は、西部会館で講座の担当をしていました。もしかしたら、その際、知らず知らずにご迷惑をおかけしていたかもしれません。この場を借りてお詫び申し上げます。

 4月から、「図書館だより」発行や交流会の開催等の業務を行います。まさに、今お読みいただいている図書館だよりの編集を私が行っています。

 未熟な私ですが、ボランティアの方の協力をいただきながら、利用者の皆様が読書の楽しみを味わうための一助となれるよう精一杯頑張っていきます!

 ●メンバー自己紹介

 点字図書館メンバーは担当業務の変更も含め、再編成されました。ここで改めて、一言ずつ自己紹介をさせていただきます。

 

 大久保です。主任業が板に付かないまま、あっという間に1年が過ぎてしまいました。

 今年度は、職員の退職や配置換えで図書館内も変革の年となりますが、様々に移りかわってゆく世の中への「対応力」も益々必要になってきているように思います。

 皆で工夫し、知恵を出し合い、協力しながら一致団結して頑張っていけるように、私自身も一層頑張らねばと思います。眉間のシワを深くしないように、笑顔も忘れずに!

 

 福島です。新型コロナウイルスの影響でイベントや催しが延期となり「春の陽気に誘われて!!」には、程遠い日々をみなさんも過ごされているのではないでしょうか。そのような中で、新年度がスタートしました。

 私は、点字の市政だより・市議会だよりなどの広報紙の校正が主な仕事になっています。もちろんみなさまからのリクエストもお受けすることもあると思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 この、図書館だよりがお手元に届くころには、コロナウイルスも終息してくれていると良いのですが!

 

 衛藤です。デイジー図書を読む時に使うプレクストークなどの機器操作説明の他に、対面リーディングサービスの担当と広報紙などのテキスト文を作成しています。

 

 大渡です。これまで約10年間音声版広報紙の担当をしておりましたが、今年度より担当が変わることになりました。入職してすぐに担当となり戸惑う事の連続でしたが、色々な方に支えてもらいながらここまで携わることができました。4月からは音訳ボランティア養成講座や登録試験、蔵書製作、テキストデイジーの製作などを担当します。これからも精進してまいりますので、どうぞ宜しくお願いします。

 

 小関です。点訳のボランティア養成・蔵書製作・その他点字に関する業務・オープンブレイルライブラリーの担当です。個人的に明るいニュースを一つ。息子がもうすぐ誕生日を迎えます。「あんぽ!(散歩)」と「にゅーにゅー!(牛乳)」と「しやじおー!(しまじろう)」をこよなく愛す2歳児。毎日ドタバタしていますが、育児と仕事、無理せず頑張ります。

 

 橋本です。今年度より、声の市政だより等の音声版製作と経理を担当することになりました。昨年もこの時期は、慣れないことにジタバタしていたことを思い出しながら、今年度は全く新しい業務に不安ばかりです。毎日これでいいのかわからない状態で日々過ぎていますが、少しずつ進歩していきたいと思っています。今後ともどうかお力添えを頂きますよう宜しくお願いいたします。

 

 古庄です。昨年は音訳ボランティアの養成やプライベート音訳の担当をさせていただいておりましたが、この春から点字版の市政だよりの作成に携わることになりました。

 点字は一年目に業務を通じてよく勉強していましたが、点訳の決まりごとなど、けっこう忘れていることが多く、「継続は力なり」という言葉が胸に刺さります。

また、新たな気持ちで勉強に励みつつ、みなさまには正確な情報をお届けできるよう頑張りたいと思います。

ここまで本文です。

印刷用のページを表示する